トレイルランニングフォーラム

今日は朝5時半に起きて、伏見の龍谷大学で行われるトレイルランニングフォーラムへ。朝のランニングセミナーはチケット購入時に講師が選べたのだけど、国内トップランナー勢揃いっていう感じでめちゃくちゃ豪華。僕は奥宮さんのセミナーを選択。人に走り方を教えて貰うのは初めてだったけど、ランニングフォームの細かいところまでかなり詳しく説明してくれて、すごくわかりやすかった。1時間半の講習の中でみっちり教えてもらえて、お土産大量にもらった気分。すぐに身につくものではないけれど、日々走る時に1つずつ思い出しては意識していけば、少しずつ良くなっていくと思う。

いやーいいこと聞いたなーと思って鴨川から会場まで走って戻る道中、自分のフォームに取り入れて走ってたつもりだったけど、奥宮さんから直々に姿勢を指摘してもらった。姿勢気をつけていきたい。

フォーラムの内容では、鏑木さんと上田くんの対談がすごく良かった。去年、怪我や病気で苦しんだ2人。特に鏑木さんが去年の信越に出場を決めたくだりや、初めて完走を目標に走って一般ランナーの目線に気づいた話が胸に響いた。50歳を超えて得た新たな視点。いい話を聞かせていただきました。

しかし朝から夕方まで、こんなにみっちりトレイルランニングの話聞くことなんてなくてもう頭がパンクしそうだった。いろんな立場の人がいろんな視点で全然違う話をしていて、トレイルランニングは多様性を受け入れる懐の深さがあるなと思った。自分の流儀に従って、自分のスタイルで付き合っていきたいっす。