雙ヶ岡

いつもの朝のランニングコースは雙ヶ岡という丘のトレイルを通る。1キロにも満たない短いトレイルだけど、街中にあるトレイルは貴重だ。そんな雙ヶ岡は、去年の台風21号以降、立入禁止だった。多数の倒木がトレイルに覆いかぶさり、市の管轄する場所でリスクの高い道をそのまま利用させるわけにはいかない。管理責任を問われたら大変だから、立入禁止にするしかない。

そんなわけであれから半年、走る度に丘の周りの舗装路を迂回し続けた。今日も迂回するつもりで雙ヶ岡に差し掛かったが、いつもの立入禁止のテープがないことに気づいた。ついにこの日が来た!

二の丘から三の丘にかけての南側はまだ立ち入り禁止だけど、横切ることはできる。半年ぶりのトレイルを踏みしめて走った。当たり前のように走っていたあのトレイルが帰ってきた喜び。雙ヶ岡おかえりなさい。